葬儀を行う際に

now browsing by category

 

千葉における葬儀までの流れ

葬儀までの流れは、病院で医師による死亡確認から始まります。

多くの場合、病院の遺体安置室には安置ができる期間が決まっています。

24時間対応の寝台車にお願いして、ご遺体を自宅や葬儀社の保管施設などにお迎えすることになります。

枕飾りを作り、お線香を供えます。

それから葬儀の準備を具体的に決めていきます。

特に千葉や東京などの都市部では、住宅事情で自宅への安置ができないケースも少なくありません。

千葉にある葬儀社や斎場には安置室を設けているところがありますので、そちらを使用させてもらいます。

葬儀会場が決まったら、搬送前には納棺を行います。

家族の見守る中での納棺になります。

死装束ではなく、故人が気に入っていた服装にしてあげることもできます。

棺に愛用品を納めることができますが、炉を傷めるなどの理由から火葬できないものもあります。

一度葬儀社の人に確認をしながら納めるものを決めるといいでしょう。

通夜では僧侶による読経があります。

焼香は葬家、親族、参列者の順で行われます。

わからないことは葬儀社と確認しながら進行するようにしましょう。

葬儀、告別式も同様です。

繰り上げ初七日として当日に初七日法要を行うケースもあります。

式場と斎場に距離がある場合には、霊柩自動車に棺を乗せ、葬家はタクシーやマイクロバスで斎場へ向かうことになります。

火葬は1時間半程度の時間がかかるので、その間に精進落としを行います。

親族などで故人の思い出話しをしながら、食事をとります。

斎場と式場が同じ敷地内にある公営斎場を利用した場合、葬儀会場から斎場への移動がしやすいので便利です。

千葉の葬儀社の見積もりの見方

葬儀の段になって、複数の葬儀社から見積もりをとってその内容を調べることができる人は限られているのではないでしょうか。

多くは限られた時間に冷静な判断もできないまま、搬送をお願いした病院に出入りの葬儀社へ、または電話で営業された葬儀社へ、とにかく千葉にある近くの葬儀社へと葬儀をお願いすることになります。

日頃から千葉で葬家が宗教者と近しく深くお付き合いをしているのであれば、菩提寺や教会などへ葬儀をお願いして、そこから葬儀社が決まっていくケースもあるでしょう。

葬儀を仕切ってくれる親戚や近所の方がいるケースはまれで、東京・千葉などの都市部では核家族で相談できる人もいないまま、実家がどんな宗旨・宗派か葬儀を出す時に初めてわかるというようなケースもあります。

葬儀社に見積もりをお願いするといっても、葬儀社が想定する葬儀の規模が違う、式場・斎場が違うということがあれば、見積もりの内容を比較検討するのも一苦労です。

見積もりに出てくる金額以外に、実費で葬儀社が立て替えて後で請求される項目もあります。

パックによっては別途オプション料金として課される金額が大きくなるケースも少なくはありません。

金額が安い、高いというだけで葬儀社を決め、葬儀のスタイルを決めてしまうと、満足の行くサービスが受けられなかったという印象が残り、後悔につながることもあります。

金額の内訳をみるのは、この金額でどこまでサービスが受けられるかの確認をするためです。

金額に見合ったサービスなのかどうかで判断すれば、安かろう悪かろうの葬儀を避けることができます。