知っておきたい千葉での葬儀のこと

葬儀の規模は一般的に30名くらいまでのお見送りを小規模、200名くらいまでを一般的な規模、それ以上になると大規模葬と考えています。

生前に故人がどのような社会的な地位にいたかで葬儀に参列される方の人数も当然変わってきます。

大規模な葬儀は社葬などのように大きなイベントとして計画を行う必要が出てきます。

小規模葬の中でも10名程度で行う葬儀も可能です。

火葬のみで行う直葬は葬儀の形態はとりませんが、僧侶をお願いして読経してもらうことは可能です。

また告別式のみの葬儀を行うこともできます。

家族や身近な人だけを20名くらいで行うことができるので、家族の規模が小さい場合などには千葉で臨機応変に葬儀ができる葬儀社を探すことも大切です。

こうした小規模の葬儀を中心に、インターネットでも葬儀社の手配ができるようになっています。

これまでは不透明感が強かった葬儀の費用なども透明化されてきました。

安価であることは葬儀社を選ぶ際の最優先順位ではありません。

同時に故人や葬家の希望に沿わない葬儀を流れ作業のように行うことに違和感を覚える人は少なくありません。

葬儀は各社ともさまざまなプランを準備しています。

パッケージ料金の場合、料金に含まれるものと含まれない実費があります。

主なものは宗教家へのお布施や参列者にふるまわれる料理、返礼品の類です。

葬儀社に直接こうした隠れたコストを最初に確認するのは何も失礼なことではありません。

限られた時間と感情的に不安定な状態で冷静に葬儀の準備ができる人は少ないでしょう。

事前にどの程度知識を持っているか、情報を整理しているかが、千葉で納得のいく葬儀を送れるかどうかを左右すると言ってもいいでしょう。

◇Pickupリンク>>葬儀の極意・千葉編