葬儀でご遺族にかけるお悔やみの言葉

now browsing by category

 

千葉の葬儀でご遺族にはどんな言葉をかけたらいいか悩む時②

葬儀では、お通夜と葬儀会場でお悔やみの言葉を述べるのが一般的です。

しかし、千葉で葬儀が行われる場合は千葉県内も広いためなかなか行くことのできない地域や、他県のため遠方でお通夜も葬儀も参加できない人がいます。

今はSNSがあるため、インターネットでの繋がりでの知人がいる故人も少なくありません。

そういった場合はメールやLINEでお悔やみを伝えることは可能でしょうか。

【ネットでお悔やみを伝える場合】

現在は、メールやLINEでご遺族から訃報の連絡をいただく場合があります。

なので、返信というかたちでお悔やみを伝えることはマナー違反ではありません。

ご遺族も電話での対応に追われている場合もあるため、却って助かる場合もあります。

お悔やみの言葉は、口頭で伝える場合と同じく短文で簡潔なものにしましょう。

「お悔やみ申し上げます」といった一般的な内容で構いません。

メールですので、差し支えない範囲でご遺族をねぎらう言葉や、生前の故人との関わりや思い出などを伝えるのもベターです。

【お悔やみで使っていけない言葉】

口頭の場合もメールの場合も、お悔やみでのNGワードがあります。

最も代表的なのは「忌み言葉」と呼ばれているものになります。

「重ね重ね」「益々」といった「重ね言葉」と呼ばれるものはタブーとされています。

「再三」「再び」といった繰り返しの意味の言葉や、直接的な「死ぬ」「生きる」といった表現も避けるようにしましょう

千葉の葬儀でご遺族にはどんな言葉をかけたらいいか悩む時①

千葉で親しい間柄だった知人であったり、会社で生前お世話になった千葉の方が亡くなった場合、よほど千葉から遠いということでなければお通夜と葬儀に参列することになるでしょう。

そこで初めてご遺族と対面する方も多いのではないかと思います。

そこでの挨拶や言葉のことを「お悔やみ」と言います。

お悔やみの言葉は何でもいいというわけではなく、マナーがあります。

【お悔やみの言葉の一例】

お悔やみの言葉を伝える場面は、お通夜や葬儀の受付であることがほとんどです。

他の参列者もいるため、長々と話すことはできません。

お悔やみの言葉は簡潔に伝えるのがマナーです。

「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」「哀悼の意を表します」「ご冥福をお祈りいたします」などが最適でしょう。

ですが最近は、亡くなったことや哀悼の意を言い切る形で終わらない方がよしとするのがマナーとされる向きもあります。

「この度は…」と言うだけで後の言葉を続けず、お辞儀で哀悼の意を示すことも方法のひとつです。

【宗派などでお悔やみの言葉が異なる場合】

一般的な葬儀の場合は以上のような言葉が最適ですがえ、キリスト教や他の宗派の場合は異なります。

事前に確認しておきましょう。

キリスト教については故人は必ず天国に行くとされているので「ご冥福をお祈りする」という概念はありません。

また、浄土真宗の場合も阿弥陀如来によって極楽浄土へ導かれるとされているため、やはりご冥福を祈ることは適していません。