Archives

now browsing by author

 

葬儀が千葉で行われてからの法要について知っておこう

周りで「法事」で仕事を休む人に出会ったことが多いのではないでしょうか?

ご遺族になった場合、葬儀が終わった後もこうした儀式は続いていきます。

故人が亡くなってからは頻繁に行われますが、徐々に間隔が空いていきます。

千葉だけでなくそういった儀式は一般的に行われますので、知っておきましょう。

【法事と法要の違い】

法事のことを「法要」と呼んでいる人もいますが、実際にはこの二つは異なります。

「法要」とは、僧侶にお経を読んでもらう儀式そのものを指します。

「法事」とはもっと広義に捉えられており、法要後に行われる食事会も含めたものになります。

【法事が行われる意味とは】

では、法事は葬儀が終わった後もなぜ行われるのでしょうか。

仏教的な考え方では、故人が亡くなって7週間は個人が現世とあの世をさまよっている期間とされています。

閻魔大王から7日ごとにお裁きを受け、7週間後に極楽浄土に行けるかの判定を下されます。

その日を「四十九日(しじゅうくにち)」と呼びます。

故人が無事に四十九日を終え極楽浄土に行けるよう、ご遺族は故人に祈りを捧げ、またゆっくりと故人を偲ぶ時間になります。

葬儀の後の法事は重要です。

【法事の種類】

命日も含めて最初の七日目に行う法事を「初七日(しょなのか)」と呼びます。

そこから四十九日の法要まで7日間ごとに行われることが理想ですが、現在は省略の傾向にあります。

四十九日の後は百ヶ日法要を行います。

その後は数年間隔になります。

葬式と葬儀と告別式、違いは果たしてどこにあるのか

一般的な言葉で故人が亡くなった際に行われる式は「お葬式」と呼ばれています。

ですが、「お葬式」「葬儀」「告別式」「お通夜」などと呼び方が様々あり、初めて式に参列する人は戸惑ってしまうことがあります。

それぞれの違いを理解して式に参列しましょう。

【お通夜とは】

文字通り「夜」が入っているので、夜に行われる儀式になります。

本来は、夜通し灯りを切らすことなくご遺族がご遺体のそばに寄り添うことを指していました。

現在は、亡くなった翌日の夕方から夜にかけて、弔問客を招き入れ故人とのお別れをしていただく儀式になります。

【葬儀と告別式・お葬式の違いとは】

すべて同じような意味合いで使っている人が多いですが、実はそれぞれ厳密に意味合いが異なります。

「葬儀」とは故人を弔う宗教的な意味合いの強い祭祀の一種と捉えられています。

数万年前から執り行われてる「儀式」と思ってよいでしょう。

現在では一般的にお通夜から火葬までの一連の流れを「葬儀」と定義づけています。

よく「告別式」という言葉を耳にするかと思いますが、告別式はお経や焼香などの宗教的な儀式のない「お別れ」だけを行う式になります。

ちなみに、告別式という言葉を最初に使ったのは中江兆民とされています。

「お葬式」は具体的にお通夜以外の式全般のことを指します。

葬儀と告別式を合わせたものを「お葬式」と呼ぶのが一般的です。

厳密な違いはあっても間違いではないので、戸惑う場合は「葬儀」や「お葬式」と言っておいた方がよいでしょう。

千葉の葬儀でご遺族にはどんな言葉をかけたらいいか悩む時②

葬儀では、お通夜と葬儀会場でお悔やみの言葉を述べるのが一般的です。

しかし、千葉で葬儀が行われる場合は千葉県内も広いためなかなか行くことのできない地域や、他県のため遠方でお通夜も葬儀も参加できない人がいます。

今はSNSがあるため、インターネットでの繋がりでの知人がいる故人も少なくありません。

そういった場合はメールやLINEでお悔やみを伝えることは可能でしょうか。

【ネットでお悔やみを伝える場合】

現在は、メールやLINEでご遺族から訃報の連絡をいただく場合があります。

なので、返信というかたちでお悔やみを伝えることはマナー違反ではありません。

ご遺族も電話での対応に追われている場合もあるため、却って助かる場合もあります。

お悔やみの言葉は、口頭で伝える場合と同じく短文で簡潔なものにしましょう。

「お悔やみ申し上げます」といった一般的な内容で構いません。

メールですので、差し支えない範囲でご遺族をねぎらう言葉や、生前の故人との関わりや思い出などを伝えるのもベターです。

【お悔やみで使っていけない言葉】

口頭の場合もメールの場合も、お悔やみでのNGワードがあります。

最も代表的なのは「忌み言葉」と呼ばれているものになります。

「重ね重ね」「益々」といった「重ね言葉」と呼ばれるものはタブーとされています。

「再三」「再び」といった繰り返しの意味の言葉や、直接的な「死ぬ」「生きる」といった表現も避けるようにしましょう

千葉の葬儀でご遺族にはどんな言葉をかけたらいいか悩む時①

千葉で親しい間柄だった知人であったり、会社で生前お世話になった千葉の方が亡くなった場合、よほど千葉から遠いということでなければお通夜と葬儀に参列することになるでしょう。

そこで初めてご遺族と対面する方も多いのではないかと思います。

そこでの挨拶や言葉のことを「お悔やみ」と言います。

お悔やみの言葉は何でもいいというわけではなく、マナーがあります。

【お悔やみの言葉の一例】

お悔やみの言葉を伝える場面は、お通夜や葬儀の受付であることがほとんどです。

他の参列者もいるため、長々と話すことはできません。

お悔やみの言葉は簡潔に伝えるのがマナーです。

「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」「哀悼の意を表します」「ご冥福をお祈りいたします」などが最適でしょう。

ですが最近は、亡くなったことや哀悼の意を言い切る形で終わらない方がよしとするのがマナーとされる向きもあります。

「この度は…」と言うだけで後の言葉を続けず、お辞儀で哀悼の意を示すことも方法のひとつです。

【宗派などでお悔やみの言葉が異なる場合】

一般的な葬儀の場合は以上のような言葉が最適ですがえ、キリスト教や他の宗派の場合は異なります。

事前に確認しておきましょう。

キリスト教については故人は必ず天国に行くとされているので「ご冥福をお祈りする」という概念はありません。

また、浄土真宗の場合も阿弥陀如来によって極楽浄土へ導かれるとされているため、やはりご冥福を祈ることは適していません。

千葉での良い葬儀社との出会い

千葉での葬儀社選びはなかなか決め手が難しいもの。

しかし多くの場合で葬儀の日時を決定しなければならない時には時間がありません。

どんな方法で葬儀社を決めるのが良いのでしょうか。

実際、インターネットには多くの葬儀社紹介サイトがあり、千葉の地域にある葬儀社を絞り込んで検索する事も出来ます。

そうしたサイトを利用するのもひとつの方法でしょう。

予算面などが難しい場合、インターネットは価格面の比較検討はしやすい環境があります。

このくらいの予算で、このくらいの人数で、頭の中で葬儀で譲れない点を整理して、そうした紹介サイトへコンタクトを取ることもできます。

葬儀社は一般的に24時間営業です。

急いでいる時に即答で対応してくれる会社は仕事も早く信頼できます。

また、紹介サイトから電話番号などの連絡先を聞いたら、実際に電話をしてみるのもおすすめです。

対応に出たスタッフの印象で直観で決めるのは間違いがない方法ともいえます。

やはりプロとしてきちんとした対応をしてくれるかを冷静に判断しましょう。

悪い評判の葬儀社というのは、葬儀をお願いしたことを後悔させるようなビジネスを行っているところが少なくありません。

そしてそれは電話の応対や質問への真摯な受け答えに全てあらわれてくるものです。

インターネットをベースにした葬儀社には低価格をうたったところが少なくありません。

葬儀にかかる費用がわかりにくく高額であることを嫌ってインターネットから葬儀社を申込む人も多くそこには需要と供給があります。

しかし葬儀は家族を送る大切な儀式ですから、価格が安価であることだけでは気持ちの整理がつきません。