Archives

now browsing by author

 

千葉での良い葬儀社との出会い

千葉での葬儀社選びはなかなか決め手が難しいもの。

しかし多くの場合で葬儀の日時を決定しなければならない時には時間がありません。

どんな方法で葬儀社を決めるのが良いのでしょうか。

実際、インターネットには多くの葬儀社紹介サイトがあり、千葉の地域にある葬儀社を絞り込んで検索する事も出来ます。

そうしたサイトを利用するのもひとつの方法でしょう。

予算面などが難しい場合、インターネットは価格面の比較検討はしやすい環境があります。

このくらいの予算で、このくらいの人数で、頭の中で葬儀で譲れない点を整理して、そうした紹介サイトへコンタクトを取ることもできます。

葬儀社は一般的に24時間営業です。

急いでいる時に即答で対応してくれる会社は仕事も早く信頼できます。

また、紹介サイトから電話番号などの連絡先を聞いたら、実際に電話をしてみるのもおすすめです。

対応に出たスタッフの印象で直観で決めるのは間違いがない方法ともいえます。

やはりプロとしてきちんとした対応をしてくれるかを冷静に判断しましょう。

悪い評判の葬儀社というのは、葬儀をお願いしたことを後悔させるようなビジネスを行っているところが少なくありません。

そしてそれは電話の応対や質問への真摯な受け答えに全てあらわれてくるものです。

インターネットをベースにした葬儀社には低価格をうたったところが少なくありません。

葬儀にかかる費用がわかりにくく高額であることを嫌ってインターネットから葬儀社を申込む人も多くそこには需要と供給があります。

しかし葬儀は家族を送る大切な儀式ですから、価格が安価であることだけでは気持ちの整理がつきません。

千葉で起きた葬家の意向に沿わない葬儀トラブル

千葉でも時々起きてしまう葬儀のトラブルの例には、さまざまなものがあります。

★Check!⇒【URL:http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201502_02.pdf

葬儀を出すのは喪主であり、日取りや規模、予算なども本来は喪主に決定権があるべきなのですが、親戚の人があらかじめ葬儀社を決めてきてしまったというケースがあります。

葬家が忙しく対応に追われている間のことで、親戚も良かれと思って先走ってしまった結果とはいえ、あまりにも見積金額や内容が故人や葬家の希望にそぐわない内容で、びっくりしてしまったというケースです。

結局、キャンセルするひまもなく、そのまま葬儀を行って後悔ばかりが残ってしまったという話しは少なくありません。

また、病院で亡くなられた場合に、病院の安置室にいられるのは翌朝までというような場合があります。

病院には出入りの葬儀社があり、ご遺体は葬儀社が別の安置室へ搬送してくれるということでお願いしたところ、そのまま葬儀を任せることになり、葬儀のプランに希望のものが見つからずに困ってしまうというケースです。

小規模の葬儀を計画していた葬家にとっては、多額な葬儀費用の負担が重くのしかかります。

しかしご遺体はすでに葬儀社の安置室に搬送されてしまい、仕方なく葬家や故人の意向に沿わない葬儀を行うことになってしまったというケースです。

どちらのケースも事前に葬儀社などを決めておらず、急なことで対応が後手後手になってしまっている様子がわかります。

葬儀の最終判断は喪主が行うべきものなので、どちらのケースでもキャンセルをお願いしたり、別の葬儀社にお願いすることは可能です。

納得がいかないと思ったら、そこから千葉にある別の会社に依頼をして相談することもできます。

千葉の葬儀で喪主になったら

千葉での葬儀に際して喪主となるのは一般的には故人の配偶者です。

配偶者がいない、高齢などを理由に喪主を務めることができないという場合には、長男、次男などの直系男子、息子がいない場合には長女、次女、また故人の両親、兄弟姉妹と言う風に血縁関係の近い者が喪主を務めます。

全く血縁者がいないという場合には、知人、友人などが喪主を務めるというケースもあります。

故人が喪主をお願いする人を祭祀継承者として遺言状で明記していれば、それに沿うことになります。

また法的な意味とは別に、葬儀の喪主は複数で連名することも可能です。

重責であることや、家族みんなで送ってあげたいという理由から連名で行うというケースもあります。

喪主は喪主のあいさつを行うだけでなく、葬儀の際の細かな決断、進行の責任を持つ役割です。

葬儀の計画からそれに伴う費用の面など、葬家の代表として決定していきます。

また、喪主の挨拶は通夜、葬儀、告別式と何度か行う必要ああります。

宗教家への挨拶、尋問客への挨拶、通夜振る舞いなどの際や葬儀の終りの挨拶などはあらかじめ話す内容をまとめておくようにします。

自分の言葉で簡潔に感謝の気持ちを述べるようにします。

仏式の葬儀の場合には、菩提寺へ葬儀のお願いをするのも喪主の役割です。

決まった菩提寺がない場合には葬儀社が手配をしてくれるので、葬儀社に相談をします。

一生を通して喪主となることはそれほど多くはありません。

急なことで何もわからないまま葬儀にならないよう、日頃から千葉にある葬儀社の情報など葬儀に関して知識をつけておきましょう。

千葉における葬儀までの流れ

葬儀までの流れは、病院で医師による死亡確認から始まります。

多くの場合、病院の遺体安置室には安置ができる期間が決まっています。

24時間対応の寝台車にお願いして、ご遺体を自宅や葬儀社の保管施設などにお迎えすることになります。

枕飾りを作り、お線香を供えます。

それから葬儀の準備を具体的に決めていきます。

特に千葉や東京などの都市部では、住宅事情で自宅への安置ができないケースも少なくありません。

千葉にある葬儀社や斎場には安置室を設けているところがありますので、そちらを使用させてもらいます。

葬儀会場が決まったら、搬送前には納棺を行います。

家族の見守る中での納棺になります。

死装束ではなく、故人が気に入っていた服装にしてあげることもできます。

棺に愛用品を納めることができますが、炉を傷めるなどの理由から火葬できないものもあります。

一度葬儀社の人に確認をしながら納めるものを決めるといいでしょう。

通夜では僧侶による読経があります。

焼香は葬家、親族、参列者の順で行われます。

わからないことは葬儀社と確認しながら進行するようにしましょう。

葬儀、告別式も同様です。

繰り上げ初七日として当日に初七日法要を行うケースもあります。

式場と斎場に距離がある場合には、霊柩自動車に棺を乗せ、葬家はタクシーやマイクロバスで斎場へ向かうことになります。

火葬は1時間半程度の時間がかかるので、その間に精進落としを行います。

親族などで故人の思い出話しをしながら、食事をとります。

斎場と式場が同じ敷地内にある公営斎場を利用した場合、葬儀会場から斎場への移動がしやすいので便利です。

千葉の葬儀社の見積もりの見方

葬儀の段になって、複数の葬儀社から見積もりをとってその内容を調べることができる人は限られているのではないでしょうか。

多くは限られた時間に冷静な判断もできないまま、搬送をお願いした病院に出入りの葬儀社へ、または電話で営業された葬儀社へ、とにかく千葉にある近くの葬儀社へと葬儀をお願いすることになります。

日頃から千葉で葬家が宗教者と近しく深くお付き合いをしているのであれば、菩提寺や教会などへ葬儀をお願いして、そこから葬儀社が決まっていくケースもあるでしょう。

葬儀を仕切ってくれる親戚や近所の方がいるケースはまれで、東京・千葉などの都市部では核家族で相談できる人もいないまま、実家がどんな宗旨・宗派か葬儀を出す時に初めてわかるというようなケースもあります。

葬儀社に見積もりをお願いするといっても、葬儀社が想定する葬儀の規模が違う、式場・斎場が違うということがあれば、見積もりの内容を比較検討するのも一苦労です。

見積もりに出てくる金額以外に、実費で葬儀社が立て替えて後で請求される項目もあります。

パックによっては別途オプション料金として課される金額が大きくなるケースも少なくはありません。

金額が安い、高いというだけで葬儀社を決め、葬儀のスタイルを決めてしまうと、満足の行くサービスが受けられなかったという印象が残り、後悔につながることもあります。

金額の内訳をみるのは、この金額でどこまでサービスが受けられるかの確認をするためです。

金額に見合ったサービスなのかどうかで判断すれば、安かろう悪かろうの葬儀を避けることができます。