葬儀が千葉で行われてからの法要について知っておこう

周りで「法事」で仕事を休む人に出会ったことが多いのではないでしょうか?

ご遺族になった場合、葬儀が終わった後もこうした儀式は続いていきます。

故人が亡くなってからは頻繁に行われますが、徐々に間隔が空いていきます。

千葉だけでなくそういった儀式は一般的に行われますので、知っておきましょう。

【法事と法要の違い】

法事のことを「法要」と呼んでいる人もいますが、実際にはこの二つは異なります。

「法要」とは、僧侶にお経を読んでもらう儀式そのものを指します。

「法事」とはもっと広義に捉えられており、法要後に行われる食事会も含めたものになります。

【法事が行われる意味とは】

では、法事は葬儀が終わった後もなぜ行われるのでしょうか。

仏教的な考え方では、故人が亡くなって7週間は個人が現世とあの世をさまよっている期間とされています。

閻魔大王から7日ごとにお裁きを受け、7週間後に極楽浄土に行けるかの判定を下されます。

その日を「四十九日(しじゅうくにち)」と呼びます。

故人が無事に四十九日を終え極楽浄土に行けるよう、ご遺族は故人に祈りを捧げ、またゆっくりと故人を偲ぶ時間になります。

葬儀の後の法事は重要です。

【法事の種類】

命日も含めて最初の七日目に行う法事を「初七日(しょなのか)」と呼びます。

そこから四十九日の法要まで7日間ごとに行われることが理想ですが、現在は省略の傾向にあります。

四十九日の後は百ヶ日法要を行います。

その後は数年間隔になります。




Comments are Closed