千葉の葬儀でご遺族にはどんな言葉をかけたらいいか悩む時①

千葉で親しい間柄だった知人であったり、会社で生前お世話になった千葉の方が亡くなった場合、よほど千葉から遠いということでなければお通夜と葬儀に参列することになるでしょう。

そこで初めてご遺族と対面する方も多いのではないかと思います。

そこでの挨拶や言葉のことを「お悔やみ」と言います。

お悔やみの言葉は何でもいいというわけではなく、マナーがあります。

【お悔やみの言葉の一例】

お悔やみの言葉を伝える場面は、お通夜や葬儀の受付であることがほとんどです。

他の参列者もいるため、長々と話すことはできません。

お悔やみの言葉は簡潔に伝えるのがマナーです。

「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」「哀悼の意を表します」「ご冥福をお祈りいたします」などが最適でしょう。

ですが最近は、亡くなったことや哀悼の意を言い切る形で終わらない方がよしとするのがマナーとされる向きもあります。

「この度は…」と言うだけで後の言葉を続けず、お辞儀で哀悼の意を示すことも方法のひとつです。

【宗派などでお悔やみの言葉が異なる場合】

一般的な葬儀の場合は以上のような言葉が最適ですがえ、キリスト教や他の宗派の場合は異なります。

事前に確認しておきましょう。

キリスト教については故人は必ず天国に行くとされているので「ご冥福をお祈りする」という概念はありません。

また、浄土真宗の場合も阿弥陀如来によって極楽浄土へ導かれるとされているため、やはりご冥福を祈ることは適していません。




Comments are Closed