千葉の葬儀で喪主になったら

千葉での葬儀に際して喪主となるのは一般的には故人の配偶者です。

配偶者がいない、高齢などを理由に喪主を務めることができないという場合には、長男、次男などの直系男子、息子がいない場合には長女、次女、また故人の両親、兄弟姉妹と言う風に血縁関係の近い者が喪主を務めます。

全く血縁者がいないという場合には、知人、友人などが喪主を務めるというケースもあります。

故人が喪主をお願いする人を祭祀継承者として遺言状で明記していれば、それに沿うことになります。

また法的な意味とは別に、葬儀の喪主は複数で連名することも可能です。

重責であることや、家族みんなで送ってあげたいという理由から連名で行うというケースもあります。

喪主は喪主のあいさつを行うだけでなく、葬儀の際の細かな決断、進行の責任を持つ役割です。

葬儀の計画からそれに伴う費用の面など、葬家の代表として決定していきます。

また、喪主の挨拶は通夜、葬儀、告別式と何度か行う必要ああります。

宗教家への挨拶、尋問客への挨拶、通夜振る舞いなどの際や葬儀の終りの挨拶などはあらかじめ話す内容をまとめておくようにします。

自分の言葉で簡潔に感謝の気持ちを述べるようにします。

仏式の葬儀の場合には、菩提寺へ葬儀のお願いをするのも喪主の役割です。

決まった菩提寺がない場合には葬儀社が手配をしてくれるので、葬儀社に相談をします。

一生を通して喪主となることはそれほど多くはありません。

急なことで何もわからないまま葬儀にならないよう、日頃から千葉にある葬儀社の情報など葬儀に関して知識をつけておきましょう。



Comments are Closed